アンディ・ウォーホル


どうも!

台風ってきたの?なんなの?

ということで今回は、ポップアート界のスター、アンディ・ウォーホルの香りの使い方がユニークだったので紹介したいと思います。

アンディ・ウォーホルは香水を使用するようになってから

記憶と香りを結びつけて、思い出を保管するという楽しみ方をしていたそうです。

まず香水のローテーションをつくり、(日替わりなのかTPOに合わせたのかは分かりませんが)新しい素敵な出来事に出会ったら、その時に着けていた香りをその出来事を思い出すためにキープしておく。

(記憶と匂いはダイレクトに脳でつながるため、鮮明にフラッシュバックしやすい)

そしてまた新しい素敵な思い出を作るべく、新たな香水をローテーションに組み入れる。

「匂いの博物館を作りたい。」と言っていたそうです。

ちなみにアンディ・ウォーホルが使っていた香りの1つ

ペンハリガン ブレナムブーケ

英国オックスフォードシャーにあるマルボロ公爵の邸宅、ブレナム宮殿にインスピレーションを得て誕生したペンハリガンを代表するロングセラーフレグランス。シトラスが爽やかに香る若々しいヘッドノートから、針葉樹と森の香りが広がるウッディーで落ち着いた香りへ。エレガントで清潔感のあるブレナム ブーケ

HANAMUSHIでは100mL中約92mL

¥22140→¥9180

1点のみ在庫あります。

では!


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示